2019年11月19日

長女の愛情

午後から雨の予報が出ていたにもかかわらず、次女に傘を持たせるのを忘れて登校させてしまった昨日。
傘を届けに行きたいけれど、インフル罹患中で幼稚園を休んでいる長男を連れてもいけないし置いてもいけないし…。
学校の予定表を見てみると長女と下校時刻がたまたま同じ日だったため、学校に置き傘を置いている長女と一緒に帰ってくればいいな、と思っていました。

ちょうど下校の時刻あたりから雨が強くなり始め心配して待っていると、「ただいまー」と二人が帰宅。
良かった、二人で帰ってきた

「いっぱい濡れちゃったよー」という二人の制服を脱がせると次女より長女の方がビショビショ💦💦💦
2人で1つの傘に入ってたらそりゃ無理があるか…妹が濡れないようにかばって歩いてたのかな…と思っていました。

それからしばらく時間がたち、ふと次女に「お姉ちゃんに傘に入れてくれてありがとうってお礼は言ったの?お姉ちゃん、すごくビショビショになってたし…」と言うと「そりゃそうだよ。お姉ちゃん傘に入ってなかったから」

なにッ!?何で!??

よくよく聞いてみると、我が家の隣に住む次女と同い年の子とも一緒に帰宅したそうで、次女とお隣の子が傘を持っておらず3人じゃ傘に入りきらないから自分が濡れて帰る、と自分の傘を2人に貸したそうなんです。

優しいというかなんというか…。
普段喧嘩の多い姉妹二人ですが、そういう時はちゃんとお姉ちゃんしてるんだ。
ありがとう。風邪ひかないといいな…。

この話を今朝夫にすると「次女が長女の傘を奪って意地悪して入れなかったのかと思った💧そういうことなら安心だ💨💨次女ならやりかねないし…」と安堵の表情を浮かべながら出勤していきました…

今日も一日頑張りましょう


posted by サン at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください