2019年07月29日

心地の良い疲れ

今日は子供達の笑顔をたくさん見られた1日。

仲良しママさんに誘っていただき、子供達を連れて川遊びへ。
この辺りでは誰もが1度は行ったことのある人気のスポットだそう。

家から車で40分強。
ひたすら川沿いを走り坂を上り、駐車場に車を停めたら大きな荷物を持って目的地へ。

川の横に作られた湧き水の池。
ウォータースライダー。

仲良しのお友達2人とうちの姉妹2人の計4人がキャーキャー言いながら水遊び。
みんな夢中で遊んでいて、見ているこちらまで引き込まれる。
ホントに楽しそう。
こんなに喜んでくれるなら来た価値が十分あるね。



来年もみんなで一緒に来られるかなぁ……



ふとそんな気持ちが沸き上がりました。

我が家は転勤族。
約3年毎に引っ越しが待っている。
全国転勤な上、次はどこに行くのかさっぱりわからない。
もしかしたら次の春、この土地と遠く離れるかもしれない。
親子とも心の隅に常にそんな思いを抱えながら生活しています。

そんな中で出会えた人達。
いつかいなくなるとわかっていながら一生懸命お付き合いをしてくれるママさん、お子さん。
本当にありがたくて感謝のしようがありません。

この夏、またここに来てたくさん思い出を作ろう、と約束して解散しました。

次は今日は幼稚園で不参加だった末っ子も連れて来よう。

この土地でのこの夏の経験が、いつまでも子供達の中に生き続けますように。



posted by サン at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

スチームモップのすごさ

梅雨の間ずっとフローリングがベタベタしていて気持ち悪かったので、梅雨明けした先日掃除を決行。

ベタつき・黒ずみがひどかったので思い切ってスチームモップを購入しました。

見るからに汚い床…。30479.jpg

この床をスチームモップでこすってみると表面の汚れが浮き、ポロポロと汚いカスになっていきました。30482.jpg

カスが出るたびに取り除き、何度もモップ掛けしていると…。30484.jpg

こーんなピカピカに

先程カスが浮いていた箇所にツヤがでました!これスチームの威力!ワックス等は一切使っていませんよ。

私が購入したのはこちらの商品⇩






床のベタつきは油や皮脂、そして皮脂を餌にして繁殖している雑菌が主な原因だそうです。

特に夏場は素足で歩くことが多いので、雑菌には嬉しい季節。こまめに掃除する必要があります。

今回初めてスチームモップを使用しましたが、とにかくラクで水しか使わずに掃除できるところがとても気に入りました。

私が購入したものは140度まで温度が上がるそうなので掃除だけでなく、ノロやインフルによる飛沫感染の予防としても活躍しそうです。

興味のある方、検討中の方。スチームモップオススメですよ!!

posted by サン at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

息子の糸

先日幼稚園バスの停留所でバスを待っている際に、息子の水筒がないことに気付きました。

バスの到着予定時刻まであと5分。急いで取りに帰れば間に合うかもしれない。でもバス停には5分前集合と言われているし…。
結局後で園に届けることにし、息子に「今日水筒忘れちゃったからあとで幼稚園に持っていくね」と説明しました。
「水筒を忘れた」ということが彼の中ではとてつもない不安となったようで、一気に顔が曇り…。
泣きそうになるのを一生懸命に耐え「あとでママ持ってきてね」と何とか言い、ちょうど来たバスに乗り込んでいきました。

それから一旦家に帰った私は、バスがちょうど園に着くタイミングを見計らって出発。
幼稚園に着くとちょうど上履きを履き終えて自分のクラスへ向かう息子の姿が確認できました。
近くにいた先生に「忘れてしまったので渡しておいてください」と伝えると、その場からすぐに息子に「お母さん水筒持ってきてくれたよー」と声をかけてくれて息子に水筒を渡してくれました。

よほど不安だったのか静かに目頭を拭く息子。水筒への思いなのか母への思いなのかはわかりませんが、涙が出てしまったようです。
彼から私の姿は確認できない位置にいたので、もし私の姿を見たら大泣きしていたかもしれません。
幼稚園バスに乗ってからは幼稚園モードに切り替えている様子なので、そのモード中に家のことを思い出すことは彼の中ではタブーなようです。

そういえば入園して1ヵ月後の参観日の時。
いつもならいない保護者が大勢教室にいて、張り切っている子がほとんどな中、息子はメソメソ泣いていました。
泣きながらお絵かき。泣きながら合唱…。親がいることで緊張の糸が緩むんでしょうね。

小さくても様々な感情を持って様々な場面で頑張っている姿に、成長を感じました。




posted by サン at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする