2019年05月25日

適職ってなんだろう??

先週夫が「今後の仕事を考えている」と告白。
夫はどちらかというと本心を言わないタイプ、抱え込んでしまうタイプなので、私に伝えてくる時点でそれだけキツイ、それだけ心が決まっているということなんだろうと察しました。

仕事…。特に正社員でバリバリ働いたことのある人にはキツさがお判りいただけるでしょう。私も夫と同じ職場で働いていたので、精神的負荷は痛いほど理解できます。
逃げ道のない、数字がのしかかってくる世界。給料に見合わない責任と負荷。毎日プレッシャーやストレスと背中合わせで帰った時には脱力で何もやる気がしない。
果たしてこれって充実していると言えるんでしょうかね…。

仕事が好きだというならまだしも、大してしたくもない仕事を苦痛を伴いながら続けていく。これってすごく忍耐と努力のいることです。夫の気持ちを知って「自分の心にきちんと折り合いが付けられるなら、あなたの思うようにしたらいいと思うよ」と伝えました。辛いと思っている仕事から転職しようと思うことをかっこ悪いとか、逃げてるんじゃないかとか、そんなマイナスの気持ちで自分自身を責めてほしくないと思っています。適職が見つかる人は本当に幸せだし素敵だと思いますが、きっとそうでない人が大半じゃないかな。いつどの年齢になって好きなことが出てくるかわかりません。新たなことにチャレンジしようと思う気持ちは持ち合わせていないと動けないので大切に持ち続けようと思います。

posted by サン at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする